アプトリーはSDGsに取り組んでいます。
※SDGsは、Sustainable Development Goalsの略で、2001年に策定されたミレニアム開発目標(Millennium Development Goals;MDGs)の後継として、2015年9月の国連総会で採択された2016年から2030年までの国際目標です。
SDGsは持続可能な世界を実現するために、17のゴール・169のターゲットからなり、”地球上の誰一人として取り残さない(no one will be left behind)”ことを誓っていることが特徴です。

アプトリーのSDGs重点分野

アプトリーでは、中でも事業特性や社会的使命を考慮し「8. 働きがいも経済成長も」の実現を重点分野とし取り組みを開始しました。

リモートワークやフリーランス活用で新しい働き方の実現を目指します。